ユーザーエージェント取得

スマホやタブレットの利用は急速に広がり、受信する読者がどの端末でメールを見ているのか、メールアドレスだけで判断することが難しくなってきました。

Cuenote FCは、メールのURLがクリックされた際、端末の機種やブラウザを判別できるユーザーエージェント(User Agent)を取得・記録することができるため、URLをクリックした端末ごとの効果測定をしたり、記録されたユーザーエージェントからスマートフォンユーザーを抽出することができます。


ユーザーエージェント

ユーザーエージェントの情報をもとに、自動で配信コンテンツを出し分けることも可能です。配信設定時に自動判定を選択いただくことで、読者ごとに最適なコンテンツの送信ができます。
・参考機能:デバイス別自動配信機能

ページの先頭へ