メール開封率

開封率とは

開封率とは、配信したメール通数に対して開封された割合を表す指標です。Cuenote FCは、開封回数、開封ユーザー数、開封率をレポートページから確認できます。メール文書(PC向けHTMLメール、スマートフォン向けHTMLメール(※)のみ)を作成する際に「開封率機能」にチェックするだけで、これらのデータを収集・記録できます。

※スマートフォン向けHTMLメールの開封結果は、画像リンク型のHTMLメールを配信した場合のみ取得することができます。
参考 https://www.cuenote.jp/library/marketing/smp-mail-open.html

また、より詳細な日別ごとの統計を表示し、初回開封時刻、メールアドレス、開封回数に関するデータをCSV形式でダウンロードして二次加工することもできます。


開封率を参考にしてメルマガ配信の効果を高める

HTML形式のメール配信する際に開封率を測定することで、開封率の平均値やどのような件名がターゲットに開封されやすいか、また、曜日や時間帯による開封率の傾向をつかめます。

メール配信システムの効果測定機能を活用して、改善施策とテストを繰りかえしていくことでメルマガの効果を高めることができます。

メールの開封率を測定

※初回開封時刻、メールアドレス、開封回数はCSVでダウンロードすることもできます。


ユーザー属性別の効果測定機能でさらに細かく分析する

ユーザー属性別の効果測定機能を使えば、メール配信後に得られた開封率に対して、任意項目(会員ID、都道府県、性別など)を付与したデータをダウンロードできます。

「年齢や地域別に時間ごとの開封率を知りたい」という場合でも、手間をかけることなく、どんなユーザーが興味を持ってメールを開封したのか素早く把握できます。

ユーザー属性別の効果測定機能でさらに細かく分析する

ページの先頭へ