配信承認

メール配信前に上長や責任者などの承認フローを運用することで、メールの文書や配信日時等の誤設定を防止することができます。配信予約をした後に配信承認がされていない場合、メール配信はされません。
この承認フローは、Cuenote FCの操作権限に対して、承認権限を付与するか否かで簡単に実現することができます。


承認されたメールのみ配信処理

配信用の顧客リストが適切なものが選択されているか、正しい条件でターゲティング(抽出)がされているか、メール文書内の誤字脱字がないか、配信日時の設定に不備が無いかなど、最終的に承認する担当者が確認したうえで正式に配信が行われる、という流れになります。

Cuenote FCには、御配信防止のひとつとしてテスト配信機能も備わっています。

ページの先頭へ