SPFチェック

SPF(Sender Policy Framework)は、スパム送信者等が送信元を偽装する"なりすまし"対策です。送信元IPアドレスをもとにメールが正規のサーバーから送られたものかどうかを検証することができる送信ドメイン認証技術です。

現在、国内の主要携帯キャリアではこのSPFを取り入れており、メルマガを受信するユーザー側でこの設定がされていない、または、正しくない(なりすまし)メールの受信を拒否することができます。

そのため、携帯電話にも確実にメールを届けるためにはメール送信時のFromアドレスドメインのDNSサーバーに対して、送信サーバーのIPアドレスを設定する必要があります。

メルマガ運用中にメールのFromアドレスドメインを変更する場合もありますが、変更した際にお客様がSPFの設定をし忘れていることを簡単に検知できるよう、Cuenote FCはSPFが正しく設定されているかを管理画面上で簡単に確認できるチェック機能を設けています。


なりすまし対策のSPFレコードチェック



※上記図版のように、あらかじめDNSにのTXTレコードに送信サーバーのIPアドレスを全てを登録しておく必要があります。

メールの仕組み上、Fromアドレスは、自由に設定できるため、他の差出人や法人・サービス名になりすまして配信ができてしまうという側面があります。実際に存在する事業者を名乗った迷惑メールなのか、正しい送信元によるメールなのかをISP側が判断するために、SPFは重要な役割を果たします。


ページの先頭へ