配信時間・速度制御

Cuenote FC(キューノート FC)は、メールを送る配信速度や配信時間帯を設定できます。

メールを送る速度の問題は、単に狙ったタイミングに届けるというだけの問題ではありません。
配信した後に、アクセスが集中することを避けるために、あえてゆっくり送信したいというシーンも多く見受けられます。Cuenote FCは、上限を決めて配信速度をコントロールできるので、状況に応じた最適の速度を選ぶことができます。

そして、メールマーケティングを運用するにあたっては、どのような時間帯に送るかということがとても重要な鍵になります。購読者がそのメルマガを開封して読む時間帯を想定し、テストを繰り返すことによって、最適な時間帯を見つけ出してください。

配信したメルマガが読者にとって有益な情報だったとしても、配信時間帯がメールの受信者にマッチしていないと、期待するアクションにつながらず機会損失を招いてしまいます。

例えば、主婦向けにメルマガを配信するなら、朝の慌ただしい時間帯を避けて配信したり、配信ターゲットが会社員なら、スマホからメールをチェックしやすい通勤時間帯やランチタイムに合わせるなど、メール会員のライフスタイルを考慮したタイミングを狙います。

会員属性に応じたメール配信

開封して目を通してもらえる時間帯を検討すると同時に、"送るべきではない"時間帯を決めておくことも重要です。 Cuenote FCの「配信制御」機能を使えば、配信時間を細かく制御できるので、 メールの受信側にとって迷惑な時間帯にメールが届いてしまうことを防ぐことができます。

ページの先頭へ