IDリスト連携

お客様が保有する会員IDリストをメール配信システムへ連携するだけで、メールアドレスとIDの結合を行い、配信リストを生成できます。
そのため、DMP、レコメンドやWEB解析ツールなど、各種マーケティングツールとの連携が容易になります。

マーケティングツールとの連携が容易に

DMP、レコメンドやWEB解析ツールなどのマーケティングツールでは、メールアドレスを保有していないケースが多くあります。
そのため、マーケティングツールでセグメントされたリストをメール配信システムへ連携するには、「メールアドレス」と「会員ID」を結合し、配信リストを生成する仕組みが必要でした。


IDリスト連携を利用すれば、 「メールアドレス」と「会員ID」の結合処理をメール配信システム側で行わせることができるため、さまざまなマーケティングツールと連携するための余計な開発コストや開発期間が不要となります。


IDリスト連携


担当者が個人情報を扱わず、メールマーケティングの運用が可能に

メールの送信先対象の会員IDリストをアップロードするだけで、配信リストを生成できるため、操作担当者には、個人情報を扱わせず、セキュアな運用を行わせることができます。

ページの先頭へ