エラー分析

メールが正しく送られない場合、サーバーからエラーメッセージが英文のメールで返ってきます。

エラーの原因となる理由として考えられるのは、以下などがあります。

1.受信者のメールアドレスが生きていない場合
2.大文字や不正なキャラクター等メールアドレスとして適切でない場合
3.受信者のメールボックスが受取許容量を超えている場合
4.一時的にサーバーがメール受信を拒否している場合

数件程度のエラー配信処理なら手作業で行なうことも可能です。しかし、数百件以上になると管理にも膨大が手間と時間がかかります。

Cuenote FCでは受信者ごとにエラーメールを解析し、エラーの原因を判別することができます。また、過去に配送失敗したメールアドレスと失敗回数/失敗記録、エラー履歴一覧の閲覧やダウンロードも可能です。

そのため容易に「今後も届く可能性がないアドレス」を判別し、「今後届く可能性があるアドレス」を残していくことができます。

配信結果に応じた配信リストの最適化

ページの先頭へ