エラーアドレス管理

メルマガの運用を行う上で担当者を悩ませるのが、配信エラーになったアドレスの処理と管理です。

メールの配信先として登録されているアドレスは、個人の都合で変更されたり、退職により削除されたり、アドレスそのものが存在しなくなるケースが頻繁に発生します。

送信先のメールアドレスがなくなったという理由以外にも、「プロバイダーの制限で一時的にメールが送信できない」、「受信先のメールボックスの容量が上限に達し配信できない」など、メールが配信エラーとなってしまう原因はいろいろ考えられます。

Cuenote FCでは、今後も届く見込みがないメールアドレスの処理方法を2つ用意しています。

  • 届く見込みのないメールアドレスをメール配信の対象から除外する方法
  • 届く見込みのないメールアドレスを配信リストや会員DBから削除する方法

複雑なエラーメール処理・解析を自動化

迷惑メールの送信者を厳しく取り締まるため、ISPやキャリア側では、届かないメールアドレス宛てにメールを送り続ける送信者に対して警戒を強めています。
なぜなら、 "メールアドレスの管理がきちんと行われていない=スパムメール業者の可能性がある" という判断基準があるからです。

届く見込みがないメールアドレスを放置することは、スパムメール業者と判断され、受信ブロックされてしまう事態を招きかねません。
必ず、運用方針を決めた上でメール配信を行なう必要があります。

ページの先頭へ