パスワードポリシー設定

管理者は、パスワードの有効期間やパスワードの複雑性など、パスワードポリシーを柔軟に設定・変更することができます。設定したパスワードポリシーは、メール配信・運用に関わる全オペレーターに対して一斉に適用することができるため、企業における情報セキュリティレベルに応じた運用を実現します。

Cuenote FCでは、第三者による不正利用のリスクを大幅に軽減することを目的に、ID・パスワードによるログイン機能に加え、ワンタイムパスワードによる二要素認証をシステム管理IDに対して、標準採用しています。

※ワンタイムパスワードについての詳細は、「ワンタイムパスワードについて」をご覧ください。


パスワードポリシーと管理イメージ

ページの先頭へ